10年落ちの車や10万km超えの車の買取査定の実態は?

車買取で10年落ちや10万km超えの車の扱いはどうなのでしょうか?

10年落ちの車や走行距離が10万キロを超えた車は値段がつかないと言われますが、一概には言えません。

確かに10年落ちや10万キロ超えの車を見れば、車買取業者はとりあえず「値段はつきませんよ」と言うでしょう。これは車買取業者の常套句なのですが、業者側もどこかで車に線引きをしたいのだと思います。

10年落ちの車と10万キロ超えの車のどちらの車も買取査定はかなり厳しくなることは間違いありません。ただし、10年落ちの車と10万キロ超えの車では業者による買取りの事情も違ってきます。そのわけは・・・

中古車の年式と走行距離は買取査定に影響する?

10年落ちの車 買取査定

車の年式と走行距離は車買取額に大きく影響します!

ここで、ちょっと考えてみてください。あなたが中古車を購入するとします。そして、あなたは中古車販売店に展示されている車の中からお気に入りの車を見つけました。

あなたは、そのお気に入りの中古車の何を確認するでしょうか?
車全体の見た目は当然のことですよね。そして、次には、年式と走行距離、車検の残り期間を確認しませんか?そして、それらを参考にしながら車の価格と比較検討すると思うのです。

車買取業者も同じです。
車買取業者も買取りする車の年式や走行距離を確認するのです。

10年落ちの車の買取査定の現状は?

故障が多くなる頃の車だと言われ査定額が落ちる?

正直なところ、10年落ちの車となると車買取査定ではかなり厳しい査定がされます。やはり、年式の古くなった車では多くの利益を望めないとして買取業者側も渋くなります。

しかし、よく考えれば、新車で購入した車を10年以上乗っている人はとても多いですよね。特に定期点検をしっかり行っている車の場合は何の問題もなく乗れているはずです。
と考えれば、10年落ちどころかそれ以上の古い年式の車でも需要はあるということになります。ただし、そこには「価格が安ければ…」という条件が付いてくると思われますので、需要はあっても高額の買取査定は難しいのかもしれません。

車の年式と共に確認されるポイントとして走行距離があります。年式の割に走行距離が少ない場合には多少なりとも買取額のアップが望めます。

走行距離については下記でも述べますが、目安としては年間1万キロとされています。例えば、10年落ちの年式の車でも、走行距離が7万キロだとするとプラス査定の対象となる可能性もあります。また、逆に年式の割に走行距離が多ければマイナス査定になる訳です。

以上のように年式と走行距離は密接な関係があり、買取査定でも重要項目となります。

高年式の車でも需要があることは確かなので、定期点検を怠らず行って来た車の場合は、定期点検整備記録簿を揃えて車買取査定サービスを利用すると思わぬ買取額が望めるかもしれません。

走行距離10万km超えの車の買取査定の現状は?

部品の交換が多くなる頃だとマイナス査定される?

走行距離が10万キロを超えた車の買取額は間違いなく落ちます。とは言え、中古車の買取査定では5万キロを超えたあたりからその買取額はガクッと落とされる傾向にあります。
新車で購入した車ですと5年ほど経った頃となります。2度目の車検の頃になります。

走行距離の目安としては、1年1万キロと言われています。あくまでも目安です。車買取査定では、例えば5年で4万キロの走行距離の車はプラス査定になるという目安だということです。逆に、5年で7万キロの走行距離の場合はマイナス査定になる可能性が高くなるということです。

車買取査定では走行距離が5万キロを超えた車は、10万キロを超えるまで査定額はそのままなだらかに下がって行きます。

そして、10万キロを超えると買取査定では「値段がつかない」ということを言われがちになります。しかし、この「値段がつかない」という裏には、中古車の買取りに目安を付けたいという自動車業界の意図もあるのですね。

現実問題としては、走行距離が多くなれば車に使われている部品が摩耗してきますので、故障ではないけれど交換しなければならない部品が増えてくるということがあります。

走行距離が10万キロを超えた車は、ディーラーの下取りなどに出そうとすると廃車という言葉が出ることがありますが、諦めてはいけません。車買取査定サービスの利用を考えるといいでしょう。高額査定は望めなくても、思ったよりも高値で売れることがよくあります。

10年落ちの車と10万キロ超えの車の買取査定はどうするのがベストなの?

10年落ちの車 買取査定

故障車ではないのだから強気で諦めずに

10年落ちの車でも10万キロ超えの車でも故障車ではないということを認識しましょう。基本的に日本の国産車は高性能だということは世界中が認めることです。年式が古くなっても、多走行車だと言われても、整備をしっかりやって来た車ならば問題はないのです。

問題ありとしたいのは、車を買取りする車買取業者なのですね。車を出来るだけ安く買取りして多くの利益を得たいのです。

なので、車買取業者の言いなりになってはいけません。だからと言って、年式の古い車や走行距離の多い車の価値を私たち素人が判断するのは非常に危険です。

中古車の価値を判断するのはやはり車買取業者なのです。ですが、1社だけの業者に買取りを依頼してはいけません。複数の車買取業者に買取査定の依頼をして、正しい買取額で車を買取りして貰いましょう。車一括査定サービスを利用する方が多いようです。

人気の車買取一括査定サービス

  • カービュー

    carview

    中古車買取一括査定サービスのカービュー
    ヤフーグループのカービューによる、中古車の買取査定を無料で複数社に一括依頼できるサービスです。最大8社に買取査定依頼ができます。

  • カーセンサー.net

    簡単ネット車査定のカーセンサー
    リクルートグループのカーセンサーが運営する中古車買取一括査定サービスです。業界でも最大の30社に一括で査定依頼ができます。

  • ズバット車買取比較

    中古車の買取査定はズバット車買取比較
    多くの有名大手の車買取業者と提携している車買取一括査定のズバット車買取比較です。最大8社に査定依頼ができます。

このページの先頭へ