車の売買契約後に買取額の減額なんてあるの?

車買取業者との車の買取り契約が終わってから業者による車買取額の減額なんてあるのでしょうか。。。

車の売買契約も済み、車も渡した買取業者から「買取額が減額になります」と告げられることがあります。

車の売買契約後に車買取額の減額を告げられた・・・。よくあることではありませんが、ないことではありません。
車の買取り査定も終わり、売買契約も済んで、車も渡した車買取業者から「車に問題があったので買取額の減額になります」と連絡があることがあります。車を売る側の私たちにとって正に寝耳に水ですね。不意にこんな連絡があれば、驚くばかりではなく怒りまでこみ上げて来そうです。何故、こんなことが起きるのでしょうか。
その理由と対処方法は・・・

車の買取額の減額に応じなければならない場合とは

車買取額 減額

車の売買契約が済んだ後でも買取額の減額に従わなければならないこともあります。

基本的に車の買取査定が終わって売買契約が済んでいる場合には、減額の要求を受け入れる必要はありません。

しかし、車の買取額減額に応じなければならない場合もあります。
それは、以下の場合になります。

  1. 車が事故車(修復歴車)だった
  2. 車に故障しているところがあった
  3. 車に問題があった

ただし、車の売買契約後に上記のことが判明しても、車の買取額の減額に応じなければならないことはありません。車の売買契約前には車買取業者の査定士がプロの目で厳正な査定をしているのですから、契約後の一方的な車買取額の減額に応じる必要はないのです。
しかし、上記のことを認識していて故意に隠し立てなどしていた場合には、車の買取額の減額に応じなければならない可能性が大きくなります。
下記でもう少し詳しく…

車を売る側に責任はあるのか…

車買取額 減額

車を売る側には、車に問題がある場合などは、それを車買取業者に伝える義務があります。

基本的には、車の売買契約後に車買取業者が買取額の減額を要求してきても応じる必要はありません。

車買取業者は、売買契約を交わす前に車の買取査定を行っている訳ですから、事故などによる修復歴や故障などはプロの車査定士が見抜いて当然なのです。車の問題を見落とした場合は査定士のミスということになります。

上記のことをやっておかなければならない理由は、すべての車買取業者が親切で善意のある業者だとは限らないからです。

ただし、車の売り手側には法律的に「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」という責任があります。売った物に通常の注意では見つからない欠陥があった場合に、売主が買主に対して負う責任になりますので承知しておきましょう。

事故歴(修復歴)や故障していること、メーターの改ざん又は交換などを知っていて故意に隠ぺいしていた場合には責任を問われますので、査定時に正直に伝えておきましょう。査定士に聞かれたことも同様にしましょう。

ただし、注意が必要な場合もあります。
それは、車買取業者が悪い車買取業者(悪徳業者)だった場合、故障していないのに故障箇所があったとか、事故歴があったなどと詐欺に近いような嘘をついて車を安く買おうとすることもあります。そのような場合には、車の売買契約を解約して別の車買取業者に買取りの依頼をした方が良いでしょう。その場合に、業者が解約に応じなかったり、キャンセル料(解約料)やその他の名目で金銭を要求されたら最寄りの消費生活センターや弁護士会に相談しましょう。

上記はいわゆる「買い叩き」と呼ばれる行為です。詳しくは下記のページでどうぞ。
 ⇒ 業者による故障車の買い叩きはあるのか

車の買取額を減額されないために

車の売買契約後に車買取額の減額を要求されることはそんなに多くはないことですが、出来れば遭遇したくないことですね。

対処方法としては、車の売却先には有名大手の買取業者を選ぶのがベストです。地域密着型の業者の場合でも、その地域で名が通っている業者を選ぶのが良いでしょう。

ちなみに、中古車買取業者の車売却トラブルは急増していて、国民生活センターへの苦情も大変多くなっているようです。国民生活センターでは車買取査定業者の利用者に対して下記のような注意を呼び掛けております。重要なことが書かれています。ぜひ参考にしてください。

1.その場で契約せず、一度クールダウンしてから
2.査定サイトへ個人情報を書き込むと、買い取りの勧誘がある
3.解約料は契約書どおりに支払わなければならないとは限らない
4.売却代金を受け取る前に、車両と書類を引き渡してしまうのはリスクが大きい
5.契約後の車両の瑕疵を理由にした契約の解除や減額は、原則として認めなくてよい
6.トラブルにあったら、最寄りの消費生活センターに相談を
=国民生活センターのホームページより引用=

 


このページの先頭へ